So-net無料ブログ作成

源氏物語 [私の好きなもの]

昨年中頃から読んでいた源氏物語を先日読み終えました。読んだのは与謝野晶子の訳のものです。もうい六條院移徒つかわからないくらい前に、古書店で割合きれいな3冊セットを見つけ、読んでみようと買ったのですが、ほとんどそのままになっていました。

昨年時間ができてきたので、前半はちょうど「知るを楽しむ」のシリーズでやっていたドフトエフスキーを読み返していたのですが、自分自身まだ気持ちが重い時期で、さらに重くなってしまいそうだったので、千年紀ということで話題になっていた源氏物語を持っていることを思い出し、読み始めました。

六條院最初は、容姿、才能、身分の全てが素晴らしい光源氏が次々と女性と関係を持っていく話なんて私が興味深く思えるはずもない・・・という感じもありましたが、一人一人の人物の描写が面白く、その頃の貴族の生活のこまごまとしたことも描かれていて、だんだん関心が強くなってきました。

それでも、古文を勉強したのなんてはるか昔のことでなじみのない世界なので、なかなか読み進めなかったのですが、9月に、和紙塑像家・内海清美氏の和紙人形による源氏物語の世界「艶●源氏」を見る機会があり、イメージが膨らみ面白くなってきました。

そして、10月には京都へ行きここで写真を載せている風俗博物館の展示紫式部や駅近くでの等身大の展示を見たり、千年紀関連のパンフレットやグッズを見たりして関心が増してきました。

それでも最後まで行かないまま、年末近くのあわただしさで途絶えてましたが、お正月に「知るを楽しむ」シリーズの瀬戸内寂聴さんの解説の再放送があり、録画して見たところ、改めて興味が増し、残っていた宇治十条を一気に読み終えました!!

おまけに、年末にやったかなり前の長編ドラマの再放送も録画して見てしまいました!御冊子

今はまあ、とりあえずひととおり読んだというくらいです。和歌などはよくわからないままに読み飛ばしてしまったようなところもあり、細かく読めば、着物一つとってもとても面白いものだと思うので、また機会を見て読み直したりしてみたいと思っています。

当然のことながら解説も数多くあり、サイトで読めるものもあることも最近知りました。瀬戸内寂聴さんの訳はとても読みやすいようなので、読んでみたいとも思うし・・・・この機会に源氏物語に触れることができてよかったなぁと思っています。重陽の節句

 

ここに載せた写真は、京都西本願寺近くにある風俗博物館の展示です。そんなに広いところではありませんが、きれいで可愛い展示でした。六條院、春の御殿を四分の一のの縮尺で作ってあり、移徒(わたまし)の様子とか、仏名会、御冊子作り、重陽の節句などがあらわされていました。実物大に再現した部屋もあり、着物を着てみることもできるようでした。修学旅行の女の子達が、熱心にメモを取ったり、着物を着てみたりしていて楽しそうでした。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

かこちゃ

コメントどうもありがとう!またチェックがちょっと遅くなってしまって・・・ごめんなさい。

国文学専攻ですか。専門ですね。
私は高校時代、数学や物理がすごく好きで(化学はちょっと・・だけど)、実は文系体質だったかなと思うのに理系に行ってしまい・・・・それが間違いだったかなぁ・・・・などとも。

これからまたいろいろ読んでみたいし、日本の色にも関心を持っています。機会があったら教えてくださいね。
by かこちゃ (2009-01-29 07:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。