So-net無料ブログ作成

目黒散策 [おでかけしました]

GW終わりましたね~~~。二日すると週末ですけど(^^ゞ

この連休は、やっと暖かく(暑く!!)なったので、あちこち片付け物をしました。

おでかけは1日だけ。GW、子供が小さい頃に車で出かけてこりごりしてから、ほとんど出かけないですごしていましたが、4、5年前くらいだったか、思い切って朝早くに出かけてみたら成功(?)したので、ここ数年は毎年やや遠出をしてました。

でも今年はそれほど元気がなく、近場で森林浴かなぁ・・・と思っていて、でもあれこれ調べてみたら、車はやはり駐車場なども混みそうなので、電車で出かけることにしました。

2日、ちょっと前から行きたいと思っていた「林試の森公園」とその周辺に出かけました。

林試の森公園
新緑の季節、本当にみどりがきれいでした!!メタセコイアに似たラクウショウ(ヌマスギ)

、プラタナス、ミズキ・・・そのほか緑がいっぱい(*^o^*)人も少なくて、とっても気持ちがよかったです。シャガの花が目立ってました。

目黒不動尊

公園を出て、目黒不動尊へ。正式には天台宗滝泉寺。石段の下には、その由来の伝説の独鈷の滝。水掛不動もありました。

昆陽墓・五百羅漢寺

目黒不動裏手に、サツマイモの普及につとめ、「甘藷先生」として知られている青木昆陽の墓。

近くには「天恩山五百羅漢寺」がありました。本堂と羅漢堂に収められた五百羅漢は、松雲元慶禅師が作られたもので、かなり見ごたえのあるものでした。五百羅漢寺の歴史、再興の過程も興味深いものでした。

さくら隊原爆殉難碑

また「さくら隊原爆殉難碑」(移動演劇桜隊団員が原爆の犠牲者となったことへの哀悼と、抗議のために建立された)があり、見上げるとちょうど八重桜がきれいに咲いていて、以前テレビで見た映画の悲惨な様子が思い出されました。

大鳥神社・太鼓橋から
酉の市で有名な大鳥神社に入ってから、目黒川に出て、川に沿って歩いて太鼓橋をわたりました。太鼓橋は今は普通の橋ですが、江戸時代に、木喰上人によって珍しいアーチ型の石橋が架けられ、評判を集めたということです。
大円寺
駅に近い大円寺は、境内にはずらりと五百羅漢が勢ぞろいしています。江戸時代、大火の火元になってしまった寺といいうことで、供養のために祀られているそうです。
庭園美術館
最後に東京都庭園美術館へ。
昨年行った時は庭園をゆっくり見て回りましたが、今回は美術館に入りました。
「ロトチェンコ&ステパーノワ ロシア構成主義のまなざし」
展示もよかったですが、やはりどうしても内部の装飾に目をうばわれがちでした。
庭園で、涼しい風に吹かれて一休みしてから、帰ってきました。
たくさん歩いて、少々くたびれましたが、盛りだくさんで楽しい散策ができました(*^^*)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行