So-net無料ブログ作成

三宅島に行きました その2 [おでかけしました]

めがね岩

さて、これは溶岩流が浸食されてできた「メガネ岩」・・ですが、1962(昭和37)年の噴火の地震の時に片方が壊れてしまったそうです。

椎取神社
ここは、「椎取神社」です。火山ガスのために立枯れた白い樹がたくさんあります。こういう風景は、あちこちで見られ、だんだん再生されてきている様子もわかります。
この椎取神社ですが、実は・・
椎取神社
2000年の噴火の溶岩流で、鳥居が埋まってしまったのでした(>_<)
新澪池跡
ここは、かつて、とても美しい色だったという「新澪池」の跡です。
1983(昭和58)年のマグマ水蒸気爆発で干上がってしまったそうです。
富賀神社
ここは、富賀神社。
この一帯は、うっそうとした森だったそうですが、やはり火山ガスで樹が枯れてしまい、今は花を植えて育てているとのことです。
噴火の跡は、このくらいにして、次は、もう少し、神社などをご紹介しますね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。